ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

スイング中の右腕の正しい動きをつかむときは、右腕だけの素振りがおすすめです。

左腕と違って、グリップを少し短く持って、右腕だけでクラブを振ります。

左腕はリード役

右肩を中心に右腕だけでクラブを振り ...

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

ゴルフスイングでは、左腕は方向性を出すためのリード役です。

ダウンでは左腕のリードでクラブの重さを感じながら下ろしていきますが、左手首の形を変えずにアドレスの位置に戻れば、ボールをスクエアに捉えることができます。

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

ナイスショットを生み出すには、ナイスリズムは欠かせない要素です。

リズムよくクラブを振れれば、スイングが多少崩れてもそれなりのボールが出るものです。

しかし、一定のリズム感がないと、ラウンドを通して安定したスイ ...

ゴルフ雑記

PGAツアー2019が開幕しました~!

さっき3日目見てんですが、小平選手は苦戦していますね(´-ω-`)

ところで、そのとき初めて知ったのですが・・・

最近なにかと話題の前澤友作さんが社長を務める ...

飛ばせるアドレスをつくろう

10時から2時までのスイングで十分! それ以上だと飛距離ロスのリスクがあります

ドライバーの軌道は、細かくいえば横長の楕円になりますが、基本的には円軌道です。

クラブを円軌道で動かすので、スイング中の体の動きは左右対称 ...

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

上体の前傾角度をフォローまでキープできれば、スイング軌道が安定します

スイングの再現性を高めるには、アドレスでつくった前傾姿勢をいかに保つかがカギになります。

ゴルフスイングは背骨を中心軸にした回転運動です。

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

フィニッシュがビシッと決まるかどうかでスイングの良し悪しが分かります

フィニッシュはスイングの結果です。

いいスイングができていれば、その場でバランス良く立っていられます。

体が後ろによろけたり、その場で立 ...

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

内側にひねりながら伸ばしていくのがフォロースルーでの右腕の使い方です

右手首は、インパクトまでは伸ばさないで、アドレスしてできた形をキープします。

意識して手首を折り曲げるのではなく、甲側に自然に折れ曲がった角度をキー ...

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

ゴルフスイングは下半身がリードします。当然、インパクトでは左腰が少し先行した形になるのが正解です!

「インパクトはアドレスの再現」

レッスンに通ったり本を読んだりしていると、結構目にするゴルフ格言。

でも、 ...

ドライバーの飛距離upを叶えるスイング

トップは「第2のアドレス」といわれるほどの重要ポイントです!

「第2のアドレス」と呼ばれるトップは、スイングのキモといえる重要なポイント。

チェックすべきポイントはたくさんありますが、その中で1番大切なのが「クラブが飛 ...