「飛ばせるバックスイング」になっていますか?

ドライバーの飛距離は大きなスイングアークで出す
Right Caption

両腕と体がマッチすると、美しいバックスイングになります

飛ばせるバックスイングをつくるには、両腕と体がきれいに連動することが絶対条件です。

腕だけが先行すると、左腕がロールして、ほぼ確実にフェースが開いてしまうので注意が必要。

シャフトが水平になる位置(9時のポジション)で、フェースの向きを確認してみてください。

この位置でフェースが空を向いていたら、左腕がロールしてフェースが開いています。

9時のポジションでのフェースの正しい向きは正面です。

フェースの向きが正面なら、左わきが締まって腕と体の回転がうまく連動している証拠です。

下を向いているとクローズフェースですが、少しくらいなら大丈夫です。

Left Caption

飛距離を出すなら、オープンフェースは厳禁ですよ!

9時のポジションでクラブが体の背中側に倒れこんでいても、フェースが開いていることになります。

フェースが開いてクラブが背中側に倒れると、クラブの重さが右腕のほうにかかっていると思います。

これは間違いで、クラブが正しい軌道で上がっていれば、クラブの重さは左右の腕に均等にかかっているはずです。

クラブが背中側に倒れこんだ(フェースが開いた)状態でクラブを上げていっても、ヘッドが高い位置に上がっていきません。

クラブがスイングプレーンの後ろ側に下がっていくだけです。

飛ばせるバックスイングを作るコツは、クラブを左ひざの前までまっすぐ引くことです。

リストが腰の高さまで上がり、9時のポジションに収まったとき、シャフトが地面と平行になって左手の甲とフェースが正面を向いていれば、クラブをまっすぐ引けていることになります。

この位置から腕が上がっていき、リストが10時のポジションでシャフトは地面に対して垂直になります。

腕だけで上げていると、シャフトが寝た状態になって、フェースが開いたバックスイングになってしまいます。

シャフトが地面と平行になるまで右ひじを折らない

ショットを安定させようとして、やってしまいがちな失敗。

それは、スイングをコンパクトにしようとして、右ひじを最初から折りたたむことです。

右ひじをバックスイングの最初で折りたたむと、右わきが閉じてアークの小さなスイングになります。

バックスイングの始動では、しっかり右腕を伸ばしていきましょう!

肩の回転を中心に、両腕の三角形をなるべく壊さないようにバックスイングをしましょう。

これができているかのチェックポイントは、両ひじの高さです。

右ひじが早くたたんでしまうと、左ひじより右ひじのほうが下になります。

右腕を伸ばしたままバックスイングできていれば、左ひじより右ひじのほうが高くなります。

バックスイングで右腕を伸ばし、両腕の三角形をキープできればスイングアークが大きくなります。

右ひじは、リストが右腰より少し高い位置にきたときに折りたたみます。

といっても、意識して折りたたむ必要はありません。

折りたたむべき場所までリストがくれば、自然に折りたたまれます。

今まで右ひじを折りたたむバックスイングをしていたら、今までよりクラブを後ろへ引くイメージが強くなるはずです。

このクラブをまっすぐ後ろに引く動きに体の回転を加えれば、クラブをスイングプレーンに沿って動かすことができます。

このとき、右ひじの向きが斜め後ろを向いていれば、力みにないスムーズなバックスイングができている証拠です。

スイングアークを大きくするには?

Left Caption

「大きなスイングアーク」なくして飛ばしは語れません!

ドライバーの飛距離を伸ばすには、バックスングでできるだけ大きなアークを描くことが大切です。

ボールから離れることを怖がらず、思い切ってクラブを引いていきましょう。

不安や迷いがあるほど、スイングアークは小さくなってしまいます。

どうしてもクラブを思い切って引けないときは、一本足打法で素振りしてみてください。

素振りで大きく左足を上げて、トップで全体重を右足に乗せます。

このとき右腰を伸ばさず、右ひざは正面を向いたままをキープし、体重を右足親指のつけ根で支えると左足1本でもバランスよく立つことができます。

体重を極限まで移動したトップになりますが、そのくらいのイメージでバックスイングをするほうが、大きなスイングアークをつくりやすくなります。

さすがにラウンドで1本足打法といわけにはいきませんが、イメージづくりとして練習場で実際にボールを打つのはOkです。

トップまでのリズムやバランス、体重移動のイメージは、1本足での素振りでつかめるはずです。

ぜひ、練習に一本足素振りを取り入れて、大きなスイングアークづくりに挑戦してみてください!