ドライバー打つときボールの位置どうしてる?

Right Caption

「ドライバーショットのボール位置は左カカトの延長線!」
聞いたことありますよね。
でも、これはあくまで目安です!
体格やスイングタイプによってボールの位置は変わってきます。
あんまりキメキメは良くないってことですね。

正しいボールの置き場所は人それぞれ

ドライバーショットのボールの置き場所ってどうしてますか?

良く聞くのが、左カカトの延長線上ですよね。

でも、これはあくまで目安と考えておいてください。

体格も変わればスイング軌道も変わります。

それなのに、「ボールの位置だけは誰でも一緒!」なわけないですよね(笑)

極端な話、スタンス幅の中で1番飛ぶポジションならどこでもOkです。

といっても、右足に寄せてダウンブローではドライバーは飛びません。

大抵の人は、左カカト延長線上より内側、ボール2~3個分の範囲内で1番飛ぶボールの置き場所が見つかると思います。

素振りでヘッドがどこに落ちるか確認して、アッパーブローで当たるポジションにボールを置き、少しづつ調整していきましょう。

忘れてはいけないのが、「その日の調子に合わせてボール位置を調整するのはNG」ということ。

ベストスイングが出来たときに1番飛ぶボールの位置を見つけることが、ドライバーの飛距離を伸ばす近道です。

体の傾き加減でもベストなボール位置が変わることも覚えておいてください。

基本的にアドレスでは体が右に傾きますが、傾きが大きいほど左寄りに、小さいほどやや内側で1番飛ぶボールを置き場所が見つかりやすくなります。

このことも頭において、あなたにとって1番のぶっ飛びポジションを探し出してくださいね。