加速するダウンスイングがドライバーの飛距離を伸ばす!

ダウンスイングの腕の使い方
Right Caption

ダウンスイングの合言葉は「下半身リード」
左ひざからスタートし、そのあと右腕をリリースしよう!

ダウンスイングは、下半身のひねり戻しからスタートします。

なのですが、アマチュアゴルファーの多くが、この手順を守れていません。

多いのが、右腰や右肩、右手といった体の右サイドからスタートしてしまうケースが多いようです。

右サイドからダウンスイングをスタートすると、体のひねりが一気に緩み、せっかくトップで溜めたパワーがインパクト前に逃げてしまいます。

これが、飛距離をロスさせる大きな原因になっています。

ボールを目の前にすると、打ちにいこうという気持ちが先走り、それが右サイドからのスタートを誘発してしまうのでしょう。

Left Caption

打とう! という気持ちが強いほど、トップで溜めたパワーをロスしてしまいます

ドライバーの飛距離を伸ばすためにも、打ち気をグっとこらえて、正しい手順でのダウンスイングを意識してください。

トップでの切り返しでは、まず左ひざをターゲット方向にちょっとずらし、下半身からひねり戻すためのきっかけにします。

下半身は左へ移動しますが、このときはまだ上半身は右に残したまま。下半身のひねり戻しに引っ張られるように、右肩、腕、手の順番でダウンスイングに入ります。

体から近い部分から、順番にダウンスイングに入るようなイメージです。

このイメージを、徹底的に体に染み込ませてください。

このときに注意したいのが、右肩が動く方向です。

ダウンスイングに入った瞬間、右肩が前に出てボールを迎えにいく動きが加わりやすいのですが、この動きはNGです。

この動きの反動で、左腰が後ろに逃げてしまうからです。

前に出ようとする動きをどこまで我慢できるかが、トップで溜めたパワーをしっかり使えるかが決まります。

慌てて右肩を動かさないよう強く意識してください。

右肩の位置をキープしながら、クラブの動きで右腕を伸ばしていくようなイメージができると、右肩が前に出る動きが抑えられます。

右手首の角度をキープしながら腕を伸ばしていこう

Left Caption

トップでできた手首の角度をキープしながら、クラブを体に引きつけながら振り抜こう!

ダウンスイングでは、トップでできた手首の角度をキープしながら、右腕の力を抜き、左腕でリードしながら遠心力を利用してクラブを振り下ろします。

右の二の腕を体の近くを通すようにすれば、右わきが軽く締まります。

そのまま右腕を伸ばしていけば、フォローまでに右腕の力を使い切ることができます。

ここでの注意点は、手首を緩めないことです。

手首が緩むのは、体の右サイドが前に出てボールを迎えにいく動きが原因です。

手首が緩んでしまうと、ヘッドが下に垂れてしまい、腕も体から遠くなってしまいます。

これではタメがまったく効かず、ヘッドスピードも上がりません。

手首が緩んでしまう人は、右手首の角度をキープしたまま、右ひじ始動をクラブを振り下ろすイメージでスイングしましょう。

右ひじをわき腹に強く引きつけてヘッドを遅らせなくても、自然に右わきが締まってタメができます。

また、手首の角度をキープしようとして、意識的に深く折る必要もありません。

トップからの切り返しで、左ひざを左足の上にずらしたときの手首の角度がキープできれば十分です。

トップのポジションに手を残して下半身を左に移行できれば、手首の角度は自然にキープされます。

あとは、右手首の形を変えないようにしてクラブを振り下ろせば、手首が緩んでクラブが垂れることはありません。

フォローに向けて右腕をしっかり伸ばし、トップで溜めたパワーをロスすることなく使い切ることができます。

トップで溜めたパワーを使い切るダウンスイングができれば、ドライバーの飛距離を大きく伸ばすことができます。

腕の振りと体の回転を一致させよう!

体の回転パワーを、手からクラブヘッドに伝えるのがゴルフスイングの神髄です。

口でいうのは簡単です。でも、実際にそれができないから、ゴルフは難しいのです。

実際、腕と体の動きが一致せず、バラバラに動いてスイングが安定しないと悩んでいる人も多いと思います。

「腕と体の一体化」というテーマをいかに解決するかが、スイングを安定させ、飛距離を伸ばす大きなポイントです。

腕と体の動きを一体化させるには、ぼーるを打つという意識を捨て、左肩とのど、リストがつくる三角形を壊さないようスイングする意識を持つことが大切です。

とくに、ダウンスイングからフォローの3時~9時までのエリアでは、絶対に三角形をキープする必要があります。

三角形をキープできれば、クラブが体の中心にある状態でスイングすることができます。

体と腕の動きがバラバラだと、クラブが体の中心から外れて、フェースの向きが狂ってしまいます。

逆にいえば、三角形さえキープできれば、ボールをスクエアに捉えることができるということです。

クラブが体の中心にある感覚が分からないときは、左手でシャフトを持ち、右手でグリップ・エンドをのど元に向けてシャドースイングしてみてください。

インパクト前後でグリップ・エンドがのど元から外れないようにスイングできれば、腕と体が一体化して、三角形を壊さず振れている証拠です。

パワーをボールに伝えるのに大切な「左の壁」

ゴルフスイングで大切な左の壁

Left Caption

左ひざを正面に向けておくだけで「左の壁」はつくれます

ダウンスイングからフォローにかけて体が左に流れる人は、左ひざを正面に向けて素振りをしてみてください。

そのままフィニッシュまで振り切ると、とくに意識しなくても左の腰から太もも、ひじに張りを感じるはずです。

これがよく聞く「左の壁」の正体です。

体とヘッドを一緒にターンさせるのではなく、左ひざを正面に向け続けることで初めてヘッドが走るのです。

左ひざを正面に向け続けることで、腕やクラブが勢いよくリリースされます。

インパクトまで手がクラブをリードしていたのが、左サイドの壁をつくることで、関係が逆転し、手よりもヘッドが前に出ることで振りが加速され、ヘッドスピードが上がっていきます。

左足を止めて壁をつくるには、トップの切り返しを下半身リードで始動します。

左足の親指つけ根で体重を受け止め、左足を踏み込み、左腰、左ひざは足の真上にスライドします。

ここで、勢いに負けないように左ひざの向きをキープしながら、上半身をひねり戻していきます

左ひざの向きがキープできていれば、体が左に流れないようにブロックしてくれます。

右サイドから負荷がかかるので、左足のつま先が地面から離れないよう、しっかり踏ん張りましょう。

左足が地面から離れないようにスイングすると、慣れていない人は動きがギクシャクするかもしれませんが、慣れてくれば意識しなくても左の壁をつくることができるようになります。

ヘッドをシンプルかつパワフルに走らせる

Right Caption

ヘッドを走らせるために、クラブをターゲット方向に放り投げるようなイメージを持ちましょう!

ドライバーの飛距離が伸び悩む原因として「右腕の力を使いきっていない」ことが考えられます。

テークバックでクラブを遠くに上げることは簡単ですが、フォローではなかなか前に伸びていかないものです。

さらに、ボールを上げたいとか、強く叩きたいとか余計なことを考えると、右腕が伸びるどころか、右ひじが曲がって左の懐に引けてしまいます。

その結果、インサイドにクラブが引けてしまい、あらゆるミスを誘発するのです。

縮みやすい右腕を、いかに伸ばして使うことができるかで、ドライバーのに距離に大きな差が出ます。

ダウンスイングでは、右腕を少しずつリリースしますが、右ひじが右ひざの前を通過するタイミングで、右手をターゲット方向にグイっと伸ばすイメージをつくってください。

腰のターンに合わせて右ひじを伸ばし、右手を送り出していくような感じです。

そのとき、右手のひらが正面に向いた状態から右手甲が正面を向くように内側にひねります。

手のひらをそのままにしてフォローで右腕を伸ばすと、左ひじが引けてしまうので注意してください。

ゴルフスイングの右手の使い方は、ボーリングでボールを投げる動きに似ています。

右手に持ったボールをアンダースローの要領で投げると、右腕はボールの重さに引かれて、自然と前に伸びるはずです。

ゴルフのスイングも同じです。

クラブを振るというより、ターゲット方向に放り投げるようなイメージで右腕を振っていきましょう。

そうすれば、右腕は自然とターゲットに向って伸びていきます。

ボーリングでは正面に向けてボールを投げますが、ゴルフではそれば横になるだけで、基本の動きは変わりません。

イメージが湧かないときは、クラブではなくボールを持って、実際にボールをターゲット方向に投げながら素振りをしてみてください。

ボールをまっすぐターゲット方向に投げられたら、右腕がうまく伸びていることになります。