飛距離が伸びるスタンスのとり方

適切なスタンス幅はドライバーを飛ばすための大切な要素ですが、もう1つ注意したいのが「スタンスのとりかた」です。

おすすめなのが、左足のつま先を目標方向に少し開き、右足はボールと目標を結ぶターゲットに対しスクエアにするスタンスです。

右足の内側のラインがターゲットラインと直角に交わるようなイメージでスタンスをとりましょう。

昔からよく見られるオーソドックスなスタンスで、バックスイングが右に流れないというメリットがあります。

また、右足内側のがターゲットに向ってスクエアになっているので、フェースをスクエアにして構えるための参考になります。

逆におすすめできないのが、両足のつま先を開いた「ハの字スタンス」です。

意外とこの「ハの字スタンス」になっている人が多いので、あなたもチェックしてみてください。

「ハの字スタンス」にはバックスイングの始動がしやすいメリットがあります。

反面、体が右に流れてパワーがたまりづらくなるというリスクがあるので、ドライバーの飛距離を求める人にはおすすめできないスタンスのとりかたです。