ヒジは正しいポジションにありますか?

Right Caption

ドライバーを飛ばすには、ボールと体の距離が大切!
両ヒジのポジションが決まれば、自然とスイングしやすい距離でアドレスできますよ(*’▽’)

理想的なアドレスをつくるために大切なポイントのわりに、あまり気にされていないのが「ヒジのポジション」です。

アドレスしたとき、ヒジは必ず体の正面に置きましょう。

ヒジが体の正面にない状態でスイングすると、腕の動きに対してヒジが遅れて振り遅れになってしまいます。

残念なことに、ヒジを正しいポジションに置けていない人はビックリするくらい多いのが現実です。

そして、それが原因でクラブがスイングプレーンから外れてしまっていることに気がついていません。

だから、スイングしながらクラブを無理やりオンプレーンに戻そうとしたり、手首を返したりして調整しようとするわけです。

これらの小細工はドツボにはまる原因にしかなりません。

試しに、クラブを持たずに上体を真っすぐにしたままヒジを体の正面に置き、上体を回してみてください。

これだと、腕と上体の動きが連動して、振り遅れることがないはずです。

思いっきり上体を回せば回すほど、腕と上体がキレイに連動していることが分かります。

感覚が掴めてきたら上体を前傾させて同じ動きをし、さらにイメージが掴めたら今度はクラブを持って同じ動きをしてみてください。

この練習を繰り返せば、知らないうちに振り遅れることはなくなっています。

両ヒジが決まればクラブを通す「ちょうどいいスペース」が生まれる

両ヒジのポジションがビシッと決まると、アドレスしたときにボールとの距離も自然と決まります。

左右のボールのポジションは人それぞれですが、ボールと体の距離は遠すぎても近すぎてもミート率が下がってしまいます。

両ヒジのポジションを決めるコツは、左ヒジを左胸、右ヒジを右胸に乗っけるようなイメージでアドレスすること。

こうすると両ヒジのポジションが決まります。

両ヒジのポジションが決まった状態でクラブヘッドをボールに合わせると、上半身の前傾角度も決まります。

前傾が浅いとクラブヘッドがボールに届きませんし、近すぎるとクラブが抜けるスペースができず、スイングしにくくてしょうがありません。

両ヒジのポジションさえしっかり決まれば、ボールと体の距離、前傾姿勢も自然と決まってきます。

いまいちアドレスがしっくりこないときは、試してみてくださいね。