フェースを正しい方向に向けてアドレスできていますか?

ドライバーのフェースの向き
Right Caption

そういえば、自分のドライバーの正しいフェース向きって把握してる?
Left Caption

え?『目標に対してまっすぐ』じゃないの?
Right Caption

違う!ドライバーによって「正しいフェースの向き」は変わっていくよ。
ドライバーの飛距離アップを目指すなら、自分が使っているドライバーの正しいフェースの向きを把握しておこうね!

ドライバーの飛距離アップには、ボールをしっかり芯で捉え、捕まえることが必要不可欠です。

ところが、最近のドライバーはヘッドが大型化し、反発力の高いものが主流です。

ヘッドが大型化したことで当てやすくはなりましたが、「ボールがフェースに乗っかる時間」が短くなってしまいました。

結果、ボールコントロールという面では、かつてのパーシモンやメタルヘッドには劣るという欠点が生まれてしまったのです。

正しいアドレスをとり、正しいスイングをすればボールをつかまえることができますが、感覚でクラブをコントロールしにくい分、スイングが安定しないと飛距離も出にくい。

アマチュアにスライサーが多く、飛距離も出ない原因にもなっています。

これを解消するために、最近のドライバーはボールを捕まえやすくするためフェースを左に向けた、いわゆる「フックフェースのドライバー」が増えています。

モデルによってフック度合いは違いますが、フックフェースのドライバーは、アドレスしたときにフェースがターゲットに対して左を向くことになります。

問題は、ターゲットに対してフェースがまっすぐ向かないのが正解ということを知らない人が多いことです。

このことを知らずに、フックフェースになっているドライバーのフェースをターゲットに向けてしまうと、アドレスした段階でクラブフェースが開いた状態になってしまいます。

フェースを開いた状態でアドレスしていれば、正しいスイングをしたとしても当然ボールをつかまえることはできません。

スライスボールが出るのは当然で、それが正解なのですが、打った本人が気づかない。。。

そして、スライスを解消しようとしてスイングをいじる。結果、ドツボにはまってクラブをどう振ればいいのか分からなくなってしまうというわけです。

「フェースを正しい方向に向けてアドレスする」ことは、スイングの安定とドライバーの飛距離アップの絶対条件です。

あなたは「自分が使っているドライバーの正しいフェースの向き」を把握できていますか?

どれだけスイングを変えてもスライスが解消されないときは、スイングはなくアドレスしたときのフェースを向きを見直してみてください。