ボールに集中しすぎちゃダメ!

素振りだと物凄いヘッドスピードが出るのに、ボールを見た瞬間に振れなくなる。

これは、「ボールに集中しすぎているせい」です。

ボールに集中しすぎていると、体は無意識にボールに向かいます。

あなたにそんなつもりがなくとも、当てにいくスイングになってしまい、ヘッドスピードが落ちてしまうのです。

おまけに、体も思ったより動かないようになり、ミート率も落ちる。

だから、どんどん飛距離が出なくなっているのです。

Left Caption

ん~。でも、ボールを見ないとそもそも当てれないんじゃない?
Right Caption

別に「ボールを見るな!」っていってるわけじゃないから(笑)
ボールの周りが見えなくなるほど集中しすぎちゃダメってこと。
Left Caption

でも、初心者のとき「クラブが当たるまでボールをしっかり見て!」て教わったよ。
それって間違いだったってこと?
Right Caption

ん~。間違ってはいないかな。
ボールの周り、例えば横にあるクラブヘッドとかもちゃんと見える程度にしておこうってこと。

アドレスしたときは、ボールだけではなく視界が広く保てる程度に集中しておきましょう。

風景をボンヤリ見るように、いわゆる周辺視野で見るのが正解です。

科学的にも、周辺視野で見ると体の動きが制限されていないことが分かっています。

「ボールをしっかり見るほどドライバーは飛ばなくなる!」

これを覚えておきましょう!