右手のグリップは「浅く緩く」がポイント

グリップが原因で飛ばない人は右手に問題があります。

そもそもアマチュアは右手を深く握ってしまう傾向がありますが、それでは右手を使いすぎてしまいます。

気持ちよくスイングできたときは、クラブに引っ張られる感覚があるはずですが、右手を深く握ると、走りたがるヘッドを抑えこんでしまいます。

これでは、ドライバーの飛距離が出るはずありませんよね。

たとえばですが、ボールを投げるときをイメージしてみてください。

手のひらの深いところにボールを握り込んだりしませんよね?

遠くにボールを投げるときほど、無意識に指先にボールを引っかけるように握っているはずです。

右手のグリップも同じことです。

手のひらで深く握り込むのではなく、ボールと同じ要領で指先に引っかけるようにグリップしましょう。

とにかく右手は浅く緩くグリップする。

指先の第一関節あたりに引っかけておくだけで十分です。