飛ばせるアドレスをつくるポイントは「前傾姿勢」

飛ばせるアドレスをつくるとき、大切なポイントになるのが「前傾姿勢」です。

体のどこを支点にして前傾をつくるかで、思い切りスイングできるかどうかが決まります。

Right Caption

思い切ってスイングするには、正しい前傾をつくる必要があります。
下で紹介するやり方を参考に、常にチェックしてくださいね♪

まずは真っすぐに立ち、両手が体の側面に垂れるように胸を張りましょう。視線は真っすぐ正面を向いたままです。

次に、背筋を伸ばしたまま上体を前傾させればOkです。

足のつけ根にクラブを当てて、体側に引きつけると前傾しやすいですよ。

こうすると股関節から上が前に倒れて骨盤が前傾します。

胸を張り背筋を伸ばした状態で股関節を前傾させれば「飛ばせる前傾姿勢」のできあがりです。

楽なアドレスをしていた人ほど窮屈に感じますが、それは今までのアドレスが間違っている証拠です。

まずは骨盤を支点に前傾することに慣れてください。

このアドレスに慣れる頃には、ドライバーの飛距離も多少なりとも伸びているはずです。

アドレスでスイングの軸をつくろう

Left Caption

ジャンプ→着地したときの前傾角度が1番自然。
前傾角度が決まらないときはジャンプ!

ゴルフスイングは、まっすぐに伸ばした背骨を軸にした回転運動です。

いつも同じプレーン上でクラブを振れるのが理想のスイングですが、そのために必要なのがしっかり固定された回転軸です。

やっかいなのが、この軸は傾いたり壊れたりしやすいという点です。

まっすぐ直立した姿勢をわずかに前傾させたのがアドレスの正しい姿勢ですが、左右や上下、前後に傾きやすいのです。

ショットに自信がないと背中が丸くなって軸がゆがむでしょうし、ボールを上げたいと思えば軸が極端に右に傾いて、右肩が下がったアドレスになりがちです。

こうした軸の傾きを修正する1番簡単なのが、アドレスしてからその場で軽くジャンプする方法です。

軽くジャンプして両ヒザをクッションにして着地すれば、体重が両足に均等にかかった状態になります。

体重が均等に配分されていれば、軸が傾いていない証拠です。

アドレスで軸が傾いていると感じたら、その場で軽くジャンプしてみてください。

これだけで、軸がまっすぐに通ったニュートラルの状態に戻ることができます。

なにも考えなくてもできる自然な姿勢が、正しい飛ばしのアドレスです。