クラブを下から支えるようにグリップする

↓の記事でもいいましたが、腕の前面に力が入るとドライバーは100%飛びません!

腕が振れなくなるだけでなく、クラブを上から抑えつけるようになるため、ヘッドの重みも感じられなくなります。

こうなると、スイング中にヘッドを走らせることができなくなってしまいます。

では、どうすればいいか??

腕の後ろ側、つまり小指側を意識してグリップすればいいのです。

大切なのは、クラブを下から支えるようにしてグリップすること。

開いた手のひらや指の部分にクラブのグリップを乗せ、下から支えるように小指側からグリップしてください。

クラブを下から支えたら、手のひらの親指側をグリップに乗せ、包み込むように優しく握りましょう。

このとき親指側に力が入ると、手のひらがかぶってクラブを押しつけるようになるので、「優しく」を意識してください。

こうすると、釣り竿を持つようにクラブが持てます。

キャスティングするときのように、腕から力を抜いて手首を柔らかくしておけるので、ヘッドの重みを感じることができます。

そうして初めて、「クラブヘッドを走らせる」ことができるのです。