グリップは少し余らせるのが正解

ドライバーのフェースの向き

ドライバーの飛距離を手っ取り早く伸ばしたいときにパッと思いつくのが

「グリップを長く持つ」ことと「長尺ドライバーを使う」こと。

これだとスイングアークが大きくなってヘッドスピードも上がるので、飛距離が伸びる可能性があります。

なので正解といえは正解なのですが、問題が1つあります。

それは「当たりにくくなる」ことと「振り遅れやすくなる」こと。

ヘッドスピードが上がっても、ボールを芯でしっかり捉えないと意味がありません。

まずは、しっかり当てることを優先させましょう。

そのために大切なのが、長尺にしろノーマルにしろ、クラブを長く持ちすぎないこと。

ドライバーの長さがどうであれ、グリップエンドを1~2センチ余らせて持ちましょう。

理由は、スイングの遠心力に耐えるためです。

スイング中はかなりの遠心力が発生するので、グリップエンド側に引っかかる部分をないと、遠心力に負けてスイングプレーンがブレてしまいます。

また、グリップエンドを余らせることでタメができやすくなるので、ヘッドが走りやすくなるメリットもあります。

ドライバーの飛距離が伸びない、芯に当たらないときは、クラブを短く持ってみてください。

もしかしたら、それだけでも飛距離が伸びるかもしれませんよ。