「ただしいグリップの位置」ってどこ?

下半身が安定したスイングを目指そう
Right Caption

太ももとグリップエンドの間に握りこぶしが1個半~2個入るくらいが正解です。

アドレスしたときのグリップのポジションが正しいか。

その目安になるのがグリップエンドからへそまでの間隔です。

その間隔に握りこぶしが1個半~2個くらい入れば、グリップが正しい位置にある証拠です。

リストの位置は、アゴの真下か少し前に出たところにあるはずです。

右腕が地面に対して垂直か、やや前に出た斜めの角度になっているかも目安になります。

それ以上グリップが前に出ていると、ボールから離れすぎです。

反対に、ボールから近すぎると腕の通り道がなくなって、いわゆる「詰まったインパクト」になって、反動で体が逃げてしまいます。

グリップを正しいポジションに収める1番簡単な方法が、剣道の上段の構えようにクラブを両手で頭の上に持っていき、そこから真下にクラブを下げる方法です。

地面にクラブヘッドが下りた場所が、そのままボールの位置になります。

この方法でアドレスすると、自然に構えが大きくなるというメリットがあります。

練習場では大きく構えてしっかりクラブを振れていても、いざラウンドとなると、体が縮こまってしまいがちです。

頭も真上にクラブを振りかぶることで、背筋が伸び、自然と大きなアドレスをつくれるようになり、ボールとの距離も一定にすることができます。

ボールとの距離を一定にできれば、スイングプレーンも一定になり、再現性の高いスイングをすることができます。

アドレスしたときの右肩の位置とボールを結んだ線がスイングプレーンです。

スイングプレーンに沿ってクラブが動けば、クセがない美しいスイングになります。

正しいグリップポジションは、再現性の高い安定したスイングをつくるために欠かせない要素です。

「アドレスしたときのグリップの位置がしっくりこない・・・」という人は、今日紹介した方法を試してみてください。