「手打ちはダメ!」を信じちゃってませんか?

正しいトップスイング

ゴルフスクールで良く聞くセリフ

『手打ちはダメ!』

あなたも、この言葉を聞いたことあると思います。

たしかに、「手だけ」で振るのは良くありません。

ただし『手、というか腕を使わないことにはヘッドスピードは上がりません』

では、どうして手打ちはダメ!と言われるのか?

その理由は、ボディターンと腕の動きを連動させることが単純に難しいからです。

どんな初心者でも、最初は手打ちになりがちです。

ですが、「手だけ」で振っているのでなかなか当たらない。だから、それではダメだからボディターンを意識してと教えられます。

すると、だんだん腕と体の動きがバラバラになって、どうバランスをとればいいのか分からなくなり、「腕を使ってはいけない」となるのです。

はっきりいって、これは大きな間違いです。

ヘッドスピードを出し、ドライバーの飛距離を伸ばすためには腕の振りは必要不可欠です。

プロのスイングを見ていると、腕を振っているように見えないかもしれませんが、あれはボディターンと腕の振りが高いレベルで連動しているからです。

ボディターンだけで飛距離が出るなら、あれほど腕に筋肉をつけた選手など1人もいないはずです。必要だからこそ、あれだけマッチョな腕をしているのです。

最近のプロだと、松山秀樹プロは腕をかなり積極的に振っている選手ですね。ドライバーだけでなく、アイアンも相当に右腕を使っています。

コントロールショットを放つ場面を見ればよく分かると思いますが、ボディターンだけでクラブを振っているなら、あれだけいろいろな位置でフィニッシュはとれません。

フェースコントロールも手首と腕の力、動きによって制御されているのです。

腕は振っても全然OK!大切なのはボディターンとどれだけ上手に連動させられるかです。

ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、腕の力は積極的に使っていきましょう!