アドレスで大切な頭の位置

Right Caption

安定したスイングをするには、安定したアドレスがポイント。
でも、アドレスって何を重視して作ればいいの?
今日はこの「?」について考えていきたいと思います!

「ドライバーを打つときは、ボールは左カカトの延長線上に!」ということはよく聞きます。

でも、あんまり信じ過ぎちゃダメ!てことを↓の記事でお話ししましたよね?

体格やクラブなどでスイングプレーンは変わってきます。

ボールの位置も人それぞれなのは当たり前ですよね。

そもそも、足の位置を基準にしてボールの位置を決めるのが間違っているのです。

ゴルフのアドレスで大切なのは、ボールに対して頭をどこにセットするかです。

足の位置はそれほど重要なポイントではありません。

ドライバーとアイアンで頭の位置が変わる

地面にあるボールを打つアイアンでは、アドレスでボールの真上付近に頭をセットし、動かさずにスイングします。

インパクトではボールと同じ高さでクラブヘッドが入なければいけません。

頭が動くとクラブヘッドの通過点がバラバラになって、インパクトが安定しないのです。

頭、クラブヘッド、ボールの3つが縦1列になるようにアドレスし、縦軸をキープしたまま振るわけです。

アドレスしたときは右手が下になるぶん、体が少し右へ傾きますが、少し左足体重にすることで縦軸が一直線にしやすくなります。

ドライバーを打つときの頭の位置

ドライバーショットはビハインドザボールで打つ
ドライバーはアイアンと違って、ティーアップされて浮いている状態のボールを打ちます。

なので、アイアンと同じようにボールの真上に頭をセットすると、クラブヘッドをボールの位置に合わせなければいけなくなります。

そうすると、インパクトで体を伸ばしたり、ヘッドを持ち上げりと余計な動きが必要になります。

体の上下動はゴルフスイングではNGですが、そうしなけれ飛ばなくなってしまうのです。

これを防ぐために、ドライバーショットでは、頭を少し右にずらして、ビハインド・ザ・ボールになるようにアドレスします。

こうしてアドレスすれば、ヘッドが頭の真下で最下点を通ったあと、アッパーブローでボールを捉えることができるわけです。

Left Caption

アドレスを変えて、スイングのどこでボールを捉えるかを調整するわけだね。

ドライバーショットとアイアンショットの違いは、ボールを捉える場所が頭の左か真下かだけです。

アイアンショットでは縦軸を意識しますが、ドライバーショットでは横軸を意識してください。

変えるのはあくまでもアドレスです。

スイングを変えようとするとドライバーショットとアイアンショットどちらか、もしくは両方の調子を崩す原因になるので、注意してくださいね。