「インパクトはアドレスの再現」は正しいの?

正しいインパクトの形
Right Caption

ゴルフスイングは下半身がリードします。当然、インパクトでは左腰が少し先行した形になるのが正解です!

「インパクトはアドレスの再現」

レッスンに通ったり本を読んだりしていると、結構目にするゴルフ格言。

でも、これってはたして正しいのでしょうか?

確かに、ヘッドがアドレスで構えた位置に戻ってくれば、ボールを芯で捉えることができます。

インパクトがアドレスの再現なら、インパクトの瞬間は体が正面を向いていることになります。

たしかに、このインパクトでもボールは飛んでいきますし、方向性は安定するかもしれません。

でも、厳密にいえばこれで正解ではなく、若干の補足が必要になります。

両肩は正面を向いていて、腕もアドレスの位置に戻ってきますが、左腰はターゲット方向に少し先行した状態になっているのが、正しいインパクトの形です。

これは、左サイドの下半身がスイングをリードしているからこそ形です。

トップからの切り返しでは、左ひざが左足の上にスライドすることから始まります

次に腰が回転し始め、肩、腕、リスト、クラブヘッドの順で、左サイドのリードによってダウンスイングに移行します。

ダウンスイングでは手がヘッドより先行し、インパクトで手とヘッドがアドレスの位置に戻り、ヘッドが手を追い越していきます。

インパクトは点ではなく、スイングの流れの一瞬に過ぎません。

フォローで右腕がターゲット方向に伸びていきますから、右手が左手の上にきます。

これが、ダウンスイングからフォローにかけての正しい動きです。

インパクトを考えすぎると、ダウンで手首が緩んでヘッドが垂れたり、フォロスルーが小さくなったりして、大きなスイングアークを描くことができなくなります。

インパクトは、あくまでも通過点でしかないことを意識してください。