左手で持つ意識を持とう!

ゴルフスイングで大切な左の壁

右手のグリップは「浅く緩く」がポイントでいったように、右手のグリップはクラブを指先で引っかけるように握るのが基本です。

じゃあ、左手も同じように指で握ればいいのか?ということですが、これは

左手は、指で持つフィンガーグリップと手のひら側で深く握るパームグリップどちらでもOkです。

大事なのは、クラブの重さを感じること。

フィンガーだろうがパームだろうが、左手だけでクラブを振ると、バックスイングからフィニッシュまで腕が引っ張られて伸びたままになります。

そのため、しっかりとクラブの重さを感じることができるはずです。

クラブの重さを感じるということは、それだけヘッドが走っている証拠です。

ためしに、右手だけでクラブを振ってみてください。

左手だけで振ったときと比べて、クラブの重さを感じないはずです。

スイングの途中で腕が曲がることも多くなります。ちなみにこの傾向は、右手を深く握っている人ほど強くなります。

右手はクラブの重さを消してしまうのです。なので、ヘッドを走らせたいなら、右手はなるべく使いたくありません。

どうしても右手を使ってしまうときは、バックスイングをスタートする直前まで右手をはずして、スイングスタートの直前で右手をグリップする練習をしてみてください。

この練習を繰り返せば、左手手動でヘッドを走らせるスイングが自然と身に付きます。