左腕はリード役

ゴルフスイングでは、左腕は方向性を出すためのリード役です。

ダウンでは左腕のリードでクラブの重さを感じながら下ろしていきますが、左手首の形を変えずにアドレスの位置に戻れば、ボールをスクエアに捉えることができます。

左腕は、スイングのリードと方向性を出す役割を持っていることを意識してください。

さらに、忘れてはならない左腕の役割がもう1つあります。

フォロースルーで右腕が伸びたあと、クラブを上げていくためのリード役です。

左手の親指を立て、クラブを地面に垂直に立たせながら上げていきます。

こうした左腕の役目は、クラブを左腕だけで振ってみるとよく分かります。

実際のグリップとほぼ同じ位置を握ると、左肩の動きとひざの回転に合わせて左腕を動かします。

あまり大きなトップはとれませんが、フォローからフィニッシュにかけて左足に体重移動しながら、左肩を中心にクラブが振れ、フォローも大きくとれるはずです。

クラブの重さを感じながら、ゆっくり大きく右から左へ振っていきましょう。

両腕よりも左腕1本でクラブを振ったほうが、思い切った大きなスイングアークを描けるはずです。

フォローでは、意識して頭を残す必要はありません。

体の回転に合わせて、大きなアークを描くことだけ考えましょう。

インパクトの直前からフォローにかけて左わきに緊張感が加わる感覚をつかめたら、左腕と体の動きがうまく同調している証拠です。

この動きが、スイング中の左腕の正しい動き方です。

左腕とクラブを1つの半径として、体の回転で大きなアークを描ければ、自然に方向性が良くなってきます。