軽すぎ・固すぎクラブを使ってませんか?

ドライバーで飛距離を出すには、スイング中に腕を積極的に使う必要があります。

ただ、そのときに忘れてならないのが「腕はクラブとつながっている」こと。

これを忘れてしまうと、自分だけが動いてクラブが動きません。

飛距離を出すときに1番動かしたいのはクラブのヘッドです。

ヘッドを効率よく動かすためには、インパクトの前後は手元が動かないのがベスト。

手元が動かないほど、先端にあるヘッドがよく動きます。

Left Caption

え~。
でも、腕を振らないとクラブは動かないんじゃないの?
Right Caption

いやいや、その逆だよ。
竹ぼうきとかで素振りすれば分かるけど、重たいものって手元が動いてなくても重みで勝手に動いてくんだよね。
Left Caption

あ~。たしかにね。
てか、重たいからそこまで腕振れないし
(´-ω-`)
Right Caption

で、ものっすごく軽いもの。例えば釣り竿の穂先だけだと、腕は振れるけど、穂先にはそれほどスピードが乗らないんだよね。
あれと一緒で、軽すぎるクラブって意外なほど速く振れないんだよ。
Left Caption

ふむふむ。
なんとなくわかる。
Right Caption

だから、飛ばしたいなら軽いドライバーはNG!
自分が振れるギリギリ手前くらいの重さでちょうどいいんだ

ドライバーはゴルフクラブの中で1番軽いクラブです。

ただ、グリップ・シャフト・ヘッドというパーツの中でダントツに重たいのはヘッドです。

ヘッドを振る意識がないから、いくら腕を振ってもヘッドが走らないのです。

スイング中に腕を振る意識するのは大切ですが、その先にあるヘッドを振るということも意識してください。

最終的には、クラブに振られる感覚を目指したいところ。

クラブに振られる感覚を手っ取り早く体感するには、シャフトが超柔らかい練習器具を使うのが1番。

シャフトがフニャフニャだと、どうやってもヘッドに振られます。

その感覚で腕を振れると、ヘッドが走り出します。重たいクラブと柔らかいものを両方振れば、ヘッドが動く感覚がわかります。

この感覚を持っていると、クラブ選びで間違うことも少なくなります。

クラブのスペックを見直そう!

とにかくフルスイング
はっきりいって、ドライバーが飛ばない人はクラブ選びから間違っていることが多いです。

だいたいは「全体重量が軽くて、シャフトが硬いドライバー」を選んでしまっています。

明らかに硬すぎるクラブを使っている人も少なくありません。

下手をすればXXなんて人もいるからビックリです。しかもロフトが9度とか(笑)はっきりいってあり得ません。

XXシャフトなんか、よほどパワフルな人かプロくらいしか振れませんから!

並みのアマチュアでは、振るだけで精一杯。当てるだけならともかく、ビックドライブなんか100%望めません!

もちろん、みんながみんな柔らかいクラブに変えるだけで飛距離が伸びるとはいいませんが、「それだけで今よりメッチャ飛ぶのに」って人はたくさんいます。

並みのアマチュアのヘッドスピードは、女子プロとトントンといったところです。

女子プロが使っているクラブを見てみましょう。ゴルフ雑誌などを見ればだいたい載っています。

それを見ればわかると思いますが、10度くらいのロフトに柔らかいシャフトを挿し、バンバン飛ばしている女子プロは山ほどいます。

男子プロを参考にしてもムダ。あの人たちは鍛え方がハンパじゃありません。

まずは女子プロのクラブのスペックを参考に、今使っているクラブが本当に合っているか見直してください。