ドライバーで飛ばしたいなら「頭を動かせ!」

ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、「しっかり動くスイング」をすることが大切です。

ちゃんと当てなきゃとか、真っ直ぐ飛ばそうなんて考えないで、気持ちのよいスイングをすることがビックドライブへの近道です。

ボールに集中しすぎるのはNG。さらにもう1つNGなのが、「スイング中に頭を動かさない」こと。

ドライバーで飛ばしたいなら、ゆっくり丁寧に振ることはご法度ですが、頭を動かさずスイングしている人は、たいていゆっくり丁寧にクラブを振っているものです。

また、ボールをジィ~と睨みつけてるように見ている人も、だいたいが頭を動かさずゆっくり丁寧なスイングになっています。

そんなにあちこち動かさないよう気をつかって、気持ちよくスイングできますか?

やってみると分かりますが、スイング中に頭を動かすのと動かさないのでは、窮屈さが段違いです。

もちろん、頭が動いたほうが動きやすいに決まっています。

100人いたら100人そう答えるでしょう。

ドライバーの飛距離を本気で伸ばしたい!今よりもっと飛ばしたい!と思うなら、頭をしっかり動かして、素振りのようにクラブをメッチャ振ってください。

あ、もちろん練習場での話ですよ。

ラウンドでそんなことしたらOB連発!まちがいなく悲惨なスコアになりますから!

というわけで、スイング中は頭が動いても全然OKです。

というか、体をあんなに動かすのですから、頭も動かなきゃおかしいのです。

ドライバーで飛ばすのは難しいことではありません。

ドライバーの飛距離は、「どれだけクラブを振れているか」にかかってきます。

しっかりクラブを振って、芯にさえ当たれば、誰でも250ヤードくらいは普通に飛びます。

そのために大切なのが、無理に頭を固定せずに、むしろ積極的に動かしてスイングすることです。

頭を固定しておけない程度にはしっかり振ろう!ということですね。

ドライバーで飛ばしたいなら「頭を動かさない」はありえません!