飛ばない人はアドレスを見直そう

「ドライバーの飛距離アップにはなにが大切?」という質問をすると、8割くらいの人が「スイング」と答えます。

あとの2割はクラブや筋トレ、身体能力といったところです。

でもこれは間違い。いや、間違いではないのですが、それよりもっと大切なことがあります。

それは「アドレス」です。

はっきりいって、正しいアドレスができていないと、どんなにスイングを変えても、どんなにムキムキマッチョになっても、どんなに身体が大きくても、ドライバーの飛距離はでません!

Right Caption

ドライバーを飛ばしたければ、アドレス8割、スイング1割、思いっきりが1割

と思っておいてください。

アドレスを変えるだけで、ほとんどの人は今より飛距離がでます。

自己最高の飛距離を叩き出すことも難しくないでしょう。

周りにいる同じような体格やヘッドスピードの人と比べ、あまりに飛ばないと感じたら、まずはアドレスを見直してみましょう。

それをすっ飛ばして、いきなりスイングに手をつけるからややっこしいことになるのです。

飛ばない人は「飛ぶアドレス」ができてない

飛ぶアドレスをとろう
ドライバーを飛ばすために、1番やってはいけないのが「当てにいくスイング」。

当てにいっている限り、ドライバーの飛距離を伸ばすことはできません。

では、なぜ当てにいってしまうのか?

それは、「当てにいかなければ当たらないアドレスになっている」からです。

逆にいえば、アドレスさえしっかりしていれば、あとは好きなように振っても当たってしまうということです。

しっかりしたアドレスとは、正しいスイングをするためのポジションに身体がセットされた状態です。

たとえば腕をスイングプレーン上で振れるヒジのポジション、スイング軸がブレない骨盤の角度にしっかりセットすることがアドレスです。

正しいポジションに身体がセットされたアドレスができれば、誰でも気持ちよくスイングすることができます。

ただし注意してほしいのが、気持ちよくスイングできるアドレスは、あなたにとって構えやすいアドレスとは限らないということです。

普段から楽なアドレスをしてしまっている人ほど、正しいアドレスをとると窮屈に感じてしまうはず。

でも、ドライバーを飛ばしたないなら、そこは我慢してしっかりしたアドレスに慣れましょう。

止まった状態で姿勢をなおすだけなので、スイングを変えるよりよっぽど簡単です。

スイングをチェックする前に、まず「正しいアドレスをとれているか?」をチェックしてください。