スイングのパワーを生むのは「回転&ねじれ」

ゴルフスイングは回転運動
Right Caption

ゴルフのスイングは「軸回転」!
ドライバーの飛距離は下半身の切れで決まります。

ゴルフスイングは回転運動です。

腕を振ることも大切ですが、それよりも「スイングは回転運動」だということを強く意識してください。

ボールを目の前にすると、どうしても腕だけでボールを打ちにいってしまいがちですが、それでは飛距離が出ません。

たとえば、腕や手先だけでボールを打ちにいくと、すくい上げるようなスイングになちがちです。

こうした基本から外れた動きを続けると、セオリーを無視した自己流スイングになってしまいます。

まず、ゴルフのスイングがどんな運動なのか、正しく認識することから始めてみましょう。

「スイングの軸」をつくろう!

Left Caption

叩く!ではなく、回転力で飛ばすイメージをしっかり持てると、スイングの上達が早まります♪

背骨か首のつけ根あたりを軸にして、コマのように体を回転させるのがゴルフスイングの基本中の基本です。

スイングの始動は、背骨を1本の軸にして、肩と腰を右に回していきます。

バックスイングは単なる回転ではなく、固定した下半身と回した上半身でねじれをつくり、パワーを溜めていくための動きです。

ダウンスイングでは体のねじれを開放しながら、フィニッシュまで体をスムーズに回転することを意識しましょう。

練習場でクラブを握っているときだけでなく、普段の生活でも練習することはできます。

たとえば、イスに座ったときに上半身を左右にねじると、胸をはって体を回転させるイメージがしやすくなります。

柔軟運動にもなるので、仕事で座りっぱなしのときなどは、なんとなくスッキリして仕事にも集中できるかもしれません。

ちょっとした合間に試してみてください。

グリップエンドを胸に向けながら回転しよう

下半身が安定したスイングを目指そう

Right Caption

ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら「ボールを強く叩きたい願望」を捨てましょう!

背骨を軸にして体を回転されることができれば、スイングの再現性は高まります。

野球などと違って静止したボールを打つわけなので、必ず動きの軸となる部分が必要なわけです。

「背骨を軸に」がピンとこない人は、直立した状態で肩を水平に回せばイメージができるはずです。

ゴルフスイングは腕と体をワンピースにして動かさないとフェースが戻ってきません。

そのため、肩の回転と腕の動きをしっかり同調させる必要があります。

これが上手くできないと、スイング軌道がブレたり、手打ちのスイングになったりします。

腕と体が同調しているか確認しよう

アドレスをつくり、グリップエンドが胸に付くくらいドライバーを短く持ちます。

そのままバックスイングをして、ハーフスイングの要領で左肩を回していきます。

グリップエンドが胸を指し続けていれば、背骨を中心に軸回転ができている証拠です。

グリップエンドが胸から外れたら、軸回転ではなく腕だけでクラブを動かしているということです。

下半身を固定して、胸を右に向けるようにすれば、グリップエンドは胸から外れなくなるはずです。

このチェックを繰り返すことで、腕と体がワンピースになった回転運動を自然にマスターすることができます。

下半身を安定させて「ねじれパワー」を引き出そう

Left Caption

スイングの土台となる下半身を安定させて、ねじれパワーをボールにロスなく伝えよう!

下半身をどう使うかは、ゴルフスイングの大きなテーマです。

本当なら、フットワークを柔らかく使うほうがダイナミックでバランスの良いスイングになります。

ただ、プロと比べて練習量が圧倒的に足りないアマチュアゴルファーの場合、足の動きばかり過剰になってしまいがちです。

そのせいで、腕が振り切れなくなったり、ヒザが大きく上下運動したりしてミート率が低くなってしまうのです。

十分な練習量を確保できない人は、下半身をしっかり固定して、フットワークを抑えたスイングを目指したほうがスイングを固めやすいと思います。

下半身を固定することで、スイングの再現性を高めるのに必要な軸をしっかりさせ、飛距離を出すのに不可欠な「ねじれパワー」を溜めやすくなります。

ねじれパワーを溜めるには、体をしっかりひねり、上半身と下半身のねじれの差をつくることが大切です。

下半身がフラついて上半身と一緒に回ってしまえば、ねじれパワーを溜めることができません。

上半身をひねると、下半身もつられて流れそうになりますが、ヒザの向きに注意することで防ぐことができます。

下半身の流れを防ぐには、スイング中はヒザが必ず正面を向いているように意識することがポイントです。

上半身につられて下半身が多少流れても、ヒザの向きさえキープしておけば、ねじれパワーをロスなくボールに伝えることができます。

ボールにねじれパワーが伝わるほどボールは強く重くなり、ドライバーの飛距離も間違いなく伸びていきます。