飛ばしたいなら「大きなフォロースルー」は外せません!

大きなフォロースルーをとろう
Right Caption

内側にひねりながら伸ばしていくのがフォロースルーでの右腕の使い方です

右手首は、インパクトまでは伸ばさないで、アドレスしてできた形をキープします。

意識して手首を折り曲げるのではなく、甲側に自然に折れ曲がった角度をキープしながら、クラブをリードしていきましょう。

注意したいのは、手首が内側に曲がった、いわゆる「猫の手状態」にならないこと。

猫の手状態はいろいろなミスを誘発します。

全体的に手でボールをすくい上げるようなスイングになりやすく、ヘッドが先行しなくなり、ドライバーの飛距離も出にくくなります。

トップで溜めたパワーを、うまくリリースできないからです。

フォロースルーの手とクラブの関係は、ダウンスイングのときと逆になります。

ダウンスイングでは腕でクラブをリードしますが、フォロースルーではクラブが手を追い越していきます。

インパクトからフォロースルーにかけて、パワーをうまくリリースできればクラブが前に出て加速がつき、ヘッドスピードが上がります。

体の回転で腕をリードできていれば、腕とクラブの関係は自然に切り替わりますが、うまくいかない人は、インパクトあたりで腕を止める練習をしてみてください。

完全に止めることは無理だと思いますが、左腕の二の腕を左わきに密着させるイメージで腕の振りを止めます。

同時に右の腕をボーリングのボールを転がすようにして伸ばせば、止まった左腕を右腕が追い越していきます。

このとき、右の手をターゲットと握手するように向けると、クラブが腕を追い越したとき、フォロースルーが限界まで大きくなります。

Left Caption

下の動画の「少しオープンスタンスで構えてみる」練習法もおすすめだよ!

この2つの練習を繰り返せば、フォロースルーが自然と大きくなっていきます。

フォロースルーで縮こまっったり、ひじが引けたりする人は、ぜひこの練習法を試してみてください。