右腕はアクセル

スイング中の右腕の正しい動きをつかむときは、右腕だけの素振りがおすすめです。

左腕と違って、グリップを少し短く持って、右腕だけでクラブを振ります。

右肩を中心に右腕だけでクラブを振りますが、トップは左腕だけで素振りしたときより少し大きくなります。

ダウンでは体重を左足に乗せていき、右手にクラブの重みを感じながら、ゆっくりしたテンポで振っていきましょう。

ここで左腕だけの素振りでは頭を残さなくてもOKといいましたが、右腕だけで素振りするときは、意識して頭を残してください。

フォローの初期まで頭をしっかりと残します。

右腕だけの素振りで頭を残さないと、左腰が引けるような動きになりやすいからです。

左腕はスイングをリードし、フォローではクラブを上げる役割をしますが、右腕はインパクトでボールを押す働きをします。

左腕がリードしてくれた軌道の上に、右腕でボールを押し込むようなイメージです。

ボールを押し込むためにも、頭はボールの後ろに残す、いわゆるビハインド・ザ・ボールでなければいけないのです。

インパクトからは右肩のターンを中心に、左足に体重を乗せながら、左腕以上に右腕を伸ばしていきます。

そうすることで横長の大きなフォローがとれ、大きなフィニッシュにつなげることができるわけです。