腕力があるのに飛ばないのはどうして?

ゴルフに腕力は必要ない
Right Caption

腕や肩の力みは飛距離のロスを生みます。
300グラムのドライバーを支えられれば十分です。

飛距離を求めるほど、腕や肩に力が入るものです。

自然な反応ともいえますが、腕や肩の力みは飛距離のロスを生む原因になります。

力みは腕を縮こまらせます。

これが、力みが飛距離をロスさせる大きな理由です。

モノを持ち上げるときは腕に力を入れて両ヒジを曲げ、下からすくい上げるように持ち上げますが、これはゴルフスイングとは完全に逆の運きです。

腕に力を入れるのは、モノを自分のほうに引っ張り込むのに向いている動きです。

ゴルフスイングのように、ヘッドスピードを上げるために遠心力を利用て腕を外に放り出すような動きには向いていません。

Left Caption

ドライバーの飛距離を伸ばすには、腕の力を抜いてしなやかに使うことが大切なポイントだよ!

インパクトで両ヒジが曲がり、ボールをすくい上げるようなスイングになるときは、明らかに腕に力が入りすぎです。

クラブを自分のほうに引っ張り込むスイングでは、ヘッドスピードを上げることはできません。

ゴルフスイングには、特別に強い腕力など必要ありません。

300グラム程度のクラブを支える力があれば十分です。

腕に力が入るほど、ヘッドスピードは遅くなります。

ミート率の低い人は、完全に腕の力を抜いた状態で素振りをすれば、ヘッドが走る感覚が掴めるはずです。

練習場やコースでも極端に力を抜いて、フルパワーの20%くらいでボールを打ってみましょう。

それくらいでも、飛距離はそれほど落ちないと思います。

いかに腕の力がスイングにとって余計なものであるか分かるはずです。