アドレスで背中を張っちゃうと飛びません!

正しいアドレスをすると、骨盤の前傾に合わせて上体も一緒に前傾し、ヒザと足首を緩めるまで胸と背中が張っていると思います。

でも、このままだと動きづらくて、スイングなんてできませんよね。

でも、ビックリすることに、アマチュアゴルファーの中には、そのままスイングしている人がとても多いのです。

振りづらくないんですかね?

背中を張ったままだと、肩甲骨が狭まってしまいますが、これはスイングをすううえで最悪な形です。

腕を体の前にもってくられないため、スイング中にヒジが引けてしまうのです。

これを防ぐためには、胸を張りつつ背中に丸めるようにアドレスすることがポイントです。

「はい?」と思われるかもしれませんが、これが正解なのです。

上体を起こして胸を張った状態から、肩甲骨を拡げながら腕を前に突き出すとイメージしやすくなります。

アドレスを取るときは、肩の力を抜いて腕をストンと落とすようなイメージです、

こうすると上体の力も抜けてリラックスしたアドレスになります。

どうしても上体に力が入ってしまうときは、下に垂らした腕をブラブラさせてみてください。

そうすれば、張りを残しつつ上体がリラックスした理想のアドレスをつくることができます。