アドレス中にもしっかり動こう

アドレスで止まらない
Right Caption

アドレスは飛ばしの最重要ポイント!
しっかり決まれば、準備Ok(*´▽`*)
あとは思いっきりスイングするだけです♪

アドレスとスイングを切り離して考えていませんか?

アドレス=静、スイング=動というイメージがあるかもしれませんが、アドレスからフィニッシュまで、すべてが「動」です。

ゴルフの中継を見ればよく分かりますが、トッププロを見ていると、アドレスからフィニッシュまで常に体のどこかが動いています。

アドレスで固まってしまうと、絶対によいスイングはできません。

完璧なアドレスをつくっても、止まってしまっては意味がないのです。

Left Caption

ワッグルなどで常にどこかを動かす。
そうしないと筋肉が固まって、スムーズにスイングができなくなるんだ!

これは、ショットでもパターでも同じことです。

小さな動きのパッティングでさえ、完全に体を止めることはありません。

ドライバーは言わずもがな!体が止まった瞬間、飛距離を出すことはできなくなります。

アドレスづくりからフィニッシュまでがスイングの一連の動き!アドレスはただの通過点でしかありません。

プロは、アドレスに入る前からフィニッシュまでの動きを一定にしています。

いわゆるプレショットルーティーンをしっかり決めておくことで、アドレスが通過点になり、スイングも安定します。

たとえば、ボールの後方に立って方向を決め、弾道をイメージし、そこからアドレスに入り、止まらずにスイングを開始します。

練習場でも、漠然とボールを打ち続けるのではなく、毎ショットごとにプレショットルーティーンを行うことで、再現性が増していきます。

ルーティーンに入ってからフィニッシュまでのタイミングやリズムが一定になることで、スイングの安定性もグッと高くなります。

あなたが「スムーズにスイングできる」と思うタイミング、リズム、ルーティーンを見つけることが、ドライバーの飛距離upの近道になります。

ベストなプレショットルーティーンをつくってみてくださいね♪