肩のライン、どこを向いてますか?

Right Caption

スクエアにアドレスしたとき、肩のラインがターゲットに向くのは間違いって知っていました?

ゴルフのアドレスは、目標に対して必ずスクエアである必要はありません。

オープンやクローズのほうがイメージが湧くなら、スクエアでなくても全然Okです。

ドローヒッターであればクローズ、フェードヒッターであればオープンのほうがイメージが湧きやすいと思います。

それを無理やりスクエアにする必要はまったくありません。

ただし、自分がどこを向いてアドレスしているかは、しっかり把握しておいてくださいね。

特に、スクエアでアドレスしたとき肩のラインが目標より向いている人は要注意です。

この場合、真っすぐに構えているつもりでも、肩のラインは目標より右に向いています。

フェースの向きがスクエアでも肩のラインが右向きだと、目標に対してクローズに構えていることになります。

それでイメージ通りのボールが打てているならOkですが、予期せぬフックを連発した挙句、スイングをいじって調子をさらに崩すパターンが多いので気をつけてください。

特にアマチュアは、肩のラインが右にズレている人が多いので、アドレスは常にチェックしておきましょう。

「スクエアのときは肩は左向き」が正解

Left Caption

フェードをイメージしているのにクローズスタンスだと、イメージとはまったく逆のフックが出てしまう。
それで、アドレスはそのままで小手先で修正しようとするからスイングが崩れる・・・
これは絶対に避けたいパターンだね!

しっかりアドレスできているかは、スクエアに構えたときに肩がどこを向いているかで分かります。

フェースを目標に対してスクエアに構えたとき、肩のラインはターゲットの左を向いているのが正解です。

目標を見ながらアドレスすると、肩のラインが右を向きやすいので注意してください。

バックの中のクラブでもっとも長いドライバーは、体とボールの間隔が広いため、肩のラインはかなり左を向いていると感じるはずです。

正しいアドレスは、ドライバーの飛距離アップには欠かせない大切なポイントです。

最初は違和感があるかもしれませんが、頑張って慣れてください。