グリップはスクエアかフック

ドライバーの飛距離がほしいなら、グリップのポジションと向きに注意しましょう。

理想グリップのポジションは、アドレスしたときに両腕がダラ~ンと下がったところ。

腕がちゃんと真下におりていれば、肩の真下くらいになるはずです。

このポジションでグリップするのが1番動きやすく、スイング中にパワーを出しやすくなります。

グリップでポジティブと同じくらい気をつけたいのが、「グリップの向き」。

グリップには下の3つの握り方がありますが、基本的にはどれでもOk。

あなたの握りやすいグリップで大丈夫です。

グリップの種類

1.左手をかぶせ気味にするフックグリップ

2.左手を浅めにするウィークグリップ

3.両手が均等に見えるスクエアグリップ

ただ、人によって基準になるニュートラルな手の向きが変わります。

まっすぐに立って両手を自然に垂らしたときの向きが、あなたにとってのニュートラルな向きで、左右とのに若干を内側を向くはずです。

スイング中は右手をあまり使いたくないので、ウィークはあまりおすすめしません。

スクエアグリップか、腕力に自信がない場合はフックグリップがおすすめです。

フックグリップは腕をシンプルに使える

Left Caption

力の弱い左手をかぶせて握れば、スイングをリードすることができます。

左手を深くかぶせたフックグリップは、別名「パワー・グリップ」と呼ばれています。

左手首が平らにならず、やや甲側に折れて、アドレスしたとき左手親指つけ根のふっくらした部分で、上からクラブを押さえつける感じになります。

自分の手を真上から見たとき、左手の親指がシャフトの右に外れ、左手ナックル(指のつけ根外側の関節部分)が2~3つ見えるはずです。

親指と人差し指のV字が左ほおを指すような角度になり、左手甲は斜め右上を向いていれば正解です。

左手でクラブを深く握ってグリップすれば、スイング中に手の中でクラブが暴れることはなくなります。

また、トップでシャフトが左手親指上に乗るので、オーバースイングも防げます。

クラブもしっかり固定されてトップが崩れず、いつも同じポジションに収まりやすくなります。

左手はインパクトに向けてクラブを引っ張る、さらにフィニッシュまでスイングをリードする役割を持っています。

フックグリップは、左手がこの2つの目的を達成しやすいグリップです。

アドレスしたときの、左手甲が斜め上に向いている形が、そのまま正しいインパクトの形です。

スクエアグリップでのスイングと同じように甲をターゲットに向けると、フェースが開いてしまうので注意してください。