グリップはクラブが抜けない程度でOk

ゴルフのグリップにはインターロッキング、オーバーラッピング、ベースボールグリップなどの握り方があります。

どの握り方にしようか迷うこともありますが、ぶっちゃけ握りやすければどれでもOKです。

一通りのグリップを試して、1番しっくりくればどれもでいいのです。

ただし、グリップを握る強さだけは気をつけてください。

スイングしたときにクラブがすっぽ抜けない程度の強さが1番です。

スクールなどでもそう教わると思いますが、それでもアマチュアのほとんどは、力を入れてギュッと握っています。

しかも、ドライバーが飛ばない人ほど力を入れてギュ~ッと握り込んでしまっているもの。

とくに最悪なのが、親指と人差し指でできるVの字にギュッと力を入れてることです。

親指、人さし指、中指の3本に力を入れると、腕の前側(構えたときに見える部分)にも力が入って固くなります。

ドライバーを振るときにここに力が入っていると、100%飛距離がでません。

Vの字の部分には、絶対に力を入れないこと!

これはドライバーで飛距離をだすときの鉄則です!!

クラブがすっぽ抜けない程度の力で握る。を意識してください。