「スイングのことばかり考える」をやめよう

ゴルフのスイングでは「こう振りたい」というイメージを持つことが大切。

しかし、それ以上に大切なことがあります。

それが、「こう構える」というイメージです。

でも、ほとんどのアマチュアは「こう振りたい」というイメージばかりが先行しています。

それがうまくいかないと、ゆっくり丁寧に振ったり、ボールばかりに目がいってしまいます。

↓でもいいましたが、これをすればするほど当たらなくなったり、飛距離がでなくなったりします。

そして、どんどん調子が悪くなり、今度は手首を使ったり、スイング軌道を変えたりして、どんどん深みにハマっていくわけです。

この負のスパイラルから抜け出すには、「こう構える」というイメージを膨らませることが大切です。

ゴルフスクールに通ったことがあれば知っていると思いますが、ゴルフのアドレスはメチャクチャ窮屈です。

でも、そこは我慢してやりましょう。

その代わりに、スイングを始めたらそのあとは好きなように振ってしまってOkです。

むしろ、難しいことは考えず振りたいように振ってください。

いっておきますが、構えやすいアドレスがスイングしやすいアドレスではありません。

アマチュアは楽なアドレスをすることで、クラブを自分で振りにくくしているのです。

最初は構えづらいでしょうが、ドライバーの飛距離がほしいなら我慢です。

いいアドレスができるようになれば、ヘッドスピードは間違いなくあがります。

構えづらさに慣れることも練習だと思って頑張りましょう。

スイングづくりの80~90%はアドレスづくりです。

「こうやってアドレスした結果、こんなスイングになる」というのがゴルフのスイングです。

スタート地点を間違えると、正しいゴールには絶対にたどり着けません。

Left Caption

ふむふむ~。
たしかにスクールで「こうやって構えなさい」ていわれたとおりにすると、めちゃくちゃ窮屈。
「こんなんで振れるんか?」とか思っちゃうんだけど。
Right Caption

ああ。たしかに、こんな状態からどう動けと?て思うよね。
思ったように動けないじゃんて。
Left Caption

うん。
そうそう。これじゃ「ここにしかクラブを動かせないじゃん」て思う。
Right Caption

いや。それでいいんじゃん。
「ここにしかクラブを動かせない。」
それが正解。
Left Caption

なんで?
だって「難しいことは考えず振りたいように振ってください。」ていったじゃん。
Right Caption

それは、そのアドレスからできる範囲でってことね。
その範囲内なら、好きに振っちゃっていいってことだよ。
「良いスイングしかできないようにアドレスしてる」から、そこからなら好きに動いていいってことね。
Left Caption

ああ。
変なところにクラブをもっていけない状態をアドレスでつくるってことか。
Right Caption

そうそう。
だから、スイングづくりは80~90%がアドレスづくりになるんだよね。
まあ、最初は大変かもだけど、スイング変えるよりは絶対に楽だから試してみてよ。
アドレスがよくなったら、100%スイングもよくなるから。
Left Caption

うぃ!
いっちょ頑張ってみるわ。

調子を崩す原因は、スイングではなく『アドレスの崩れ』

スイングづくりはアドレスづくり
どんなに強いトッププロでも調子が悪いときはあります。

たいていの人は、スイングが崩れていると思っていますが、崩れているのは「アドレス」です。

トッププロと呼ばれる人たちは、そこに行きつくまでとんでもない数のボールを打っています。

そんな人たちのスイングが簡単に崩れるはずがありません。

ほぼ100%、トッププロが調子を悪くする原因はアドレスにあります。

実はこれ、アマチュアも一緒です。

アドレスを見て、ダフるなっと思った人はダフります。スライスするなと思ったらスライスします。

でも、これは結果としては正解。スライスするアドレスでフックがでるわけありません。

要するに、『まっすぐ飛ばしたいなら、まっすぐ飛ぶアドレスをすればいいだけ』なのです。

スイングに目を向けてばかりでは、うまくいかないのは当然です。

スイング中は高速で動いています。その動きを修正するのは容易ではありません。

それよりも、まず「まっすぐ飛ばせるアドレス」づくりに時間を使ってください。