崩れない前傾がスイングを安定させる

スイングの再現性を高める方法
Right Caption

上体の前傾角度をフォローまでキープできれば、スイング軌道が安定します

スイングの再現性を高めるには、アドレスでつくった前傾姿勢をいかに保つかがカギになります。

ゴルフスイングは背骨を中心軸にした回転運動です。

アドレスで腰から上体を傾けた前傾姿勢をとるので、軸となる背骨も上体を倒した分だけ斜め前に傾いています。

この角度がスイング中に変わってしまうと、クラブの軌道がスイングプレーンから外れてしまいます。

クラブを上体の前傾角度に合わせてプレーンを沿うように動くことで、スイングの再現性は高まります。

アドレスしたとき、後方から見た右肩とボールを結んだ斜めの線がスイングプレーンです。

軸が安定していれば、クラブは自動的にスイングプレーンに沿って走っていきます。

とくに、インパクトまでクラブがプレーン上を走ることは、スイングの安定と飛距離アップの絶対条件です。

スイングが安定しない人の多くは、上体が起き上ったり、ひざが曲がって体が沈み込んだりしています。

そのせいで軸が安定せず、スイングの再現性が低くなり、ショットが安定しないのです。

シャフトの長いドライバーでは、ボールとの距離が遠い不安からか、顔を近づけてボールを迎えにいくようにインパクトになっている人が目立ちます。

ボールを迎えにいく動きがあると前傾姿勢が崩れます。また、体が近づいた分だけ手の通るスペースが狭くなって、思い切ったスイングができなくなります。

スイング中にシャフトや腕の長さが変わるわけないので、スイングの軸となる背骨の前傾姿勢をキープすれば、クラブが勝手にボールを捉えてくれます。

スイングの再現性は、前傾姿勢をいかにキープできるかにかかっていることを忘れてはいけません。