あなたはパンチャー?それともスインガー?

スイングのタイプ
Right Caption

ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、どのタイプのスイングを選択するかは大切なポイント。
どのタイプが合うのか見極めた後にスイングづくりを始めましょう!

ゴルファーは体格や年齢、性別によって選ぶべきスイングタイプが変わってきます。

基本的に、ゴルファーはスインガーかパンチャーかに分かれますが、ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、どのタイプのスイングが自分に合っているか見極めることが大切です。

Left Caption

スインガーはリズムとタイミングを大切にするタイプ。
パンチャーは体のバネと腕力を重視してボールを叩くタイプだね。

スインガーに多いのは、体が細くてあまり筋力がない人です。

体の回転を中心にして打つタイプのスイングで、ゆったりとクラブを振り、ゴールを運ぶようにスイングします。

あまり筋力のない男性や女性に向いているスイングタイプですが、男子プロでもスインガータイプの選手は少なくありません。

一方、パンチャーに多いのは筋力があって体もガッシリとした、フィジカルに恵まれた人です。

スタンスを広めにとり、フィジカルの強さを活かしてボールを強く叩きにいくスイングタイプです。

どのタイプを選択するかで、求めるスイングはまったく違っていきます。

それだけに、スイングタイプの選択を間違うと、なかなか上達せず、ドライバーの飛距離も伸びません。

パンチャータイプが明らかに合っているのに、スイングのキレイさやゆったりしたリズムに憧れ、スインガータイプを目指す人も少なくありませんが、これは間違いです。

自分に合わないスイングをしても、ドライバーの飛距離は伸びないどころか、かえってロスしてしまう可能性もあります。

どのタイプがあなたに合っているかをしっかり見極めてから、スイングづくりを始めましょう。

もしプロのスイングを参考にするのであれば、あなたと似たような体格のプロを選ことをおすすめします。