テークバックは「スムーズな始動」が命!

テークバックの始動
Right Caption

おへそをいったん左に向ければ、反動でテークバックをスムーズに開始できますよ。

アドレスで静止した状態からテークバックをスムーズに開始するのは、意外なほど難しいもので、緊張すればするだけ難易度が上がっていきます。

アドレスしたあと、どうクラブを引けばいいのか、どう動き出したらいいのか、そのタイミングを計っているうちに肩や腕に余計な力が入ってしまうのです。

それだけ、静から動の動きというのは難しいということです。

タイミングがどうしても掴めず、テークバックがぎこちなくなってしまう人は、反動の利用を試してみてください。

体の中心であるおへそを、左にちょいっと向けてから体を右に回す、いわゆる「おへそを使ったフォワードプレス」をするのです。

反動をつけるといっても、体が揺れるほどつける必要はありません。

ほんのちょっと、おへそを左に向けるだけです。

そうすることで、体の右サイドが締まったような感覚になります。

テークバックでは右サイドのゆるみは厳禁なので、おへそを使ったフォワードプレスで、右サイドをにあらかじめ張りを持たせておくわけです。

腕、手、左肩、左サイド、クラブを同時に動かそうとすると、かえって動きがバラバラになり、テークバックを開始するタイミングが掴めません。

体の中心にあるおへその意識を集中させることで、動きがスムーズになります。

テークバックがぎこちないと悩んでいる人は、ぜひ「おへそを使ったテークバック」を試してみてください。

ヘッドは「低く長く引く」が鉄則

Left Caption

テークバックの合言葉は「大きくゆったりと」です!

テークバックは縦と横の2つの動きで成り立っています。

横の動きでヘッドをまっすぐ後ろに引き、少しずつ縦の動きが加わってクラブが上がっていくのが正しいテークバックです。

正しいテークバックができれば、クラブの軌道は自然にオンプレーンになります。

ありがちなのが、クラブをいきなり上げるという失敗。

手首を使ってヘッドを急に上げると、スイングが小さくなってしまいます。

クラブを担ぎ上げるようなテークバックをすると、トップが小さくなり、反動で左肩が落ちてしまい、前傾も崩れやすくなります。

テークバックの始動は「ヘッドを低く長く引く」というルールを忘れないでください。

アドレスでできた手首の形をキープしたまま、リストが右ひざの前にくるまで、クラブをまっすぐ引きましょう。

フェースはボールを向いたままの状態をキープします。

左腕を伸ばして、ヘッドを芝がこするくらい地面スレスレに動かすイメージです。

このくらいのイメージで引かないと、ヘッドを低く長く動かすことはなかなかできません。

腕だけでクラブを操作しないで、おへそを右に向けながら体を右に回し、その動きに腕を同調させる意識を持つと、テークバックでクラブが正しい軌道に乗りやすくなります。

体と腕の動きがマッチすれば、バランスのいいテークバックができます。

テークバック開始から50cmくらいは「大きくゆったり」を意識してください。

決して慌てないことが、いいテークバックをつくるときのルールです。

テークバックが大きくゆったりといえば宮里藍ちゃん


ゆったりとした大きなテークバックをするプロゴルファーと聞かれて、まっ先に思い浮かぶのが宮里藍ちゃんです。

2003年9月に「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」での衝撃的なアマチュア優勝を覚えている人は多いのではないでしょうか?

意外にも、日本で賞金女王になったことはないんですよね~(^^; 

戦場をLPGAツアーに移したあと、しばらく低迷していましたが、2010年に年間5勝を挙げ、世界ランキングも堂々の1位に輝きました。

Left Caption

あのときの興奮は今でもよく覚えています

そして、2017年に31歳の若さで引退を表明したときは、大きな衝撃を受けました・・・涙

できれば、もう少し長く藍ちゃんの活躍を見ていたかった(´;ω;`)