「ティーの高さ」しっかり決めてる?

ドライバーの飛距離と方向性を安定させるには「いつも同じ条件でスイングする」ことが大切です。

せっかくスイングが安定してきても、条件が変われば結果も変わります。

それに気が付かないで、安定しないからとスイングに手を加えると、そのうちどう振ればいいのか分からなくなる・・・

しなくてもいいことをして、自分でスイングを壊してしまうのです。

これを防ぐには「なるべく条件をいつも同じにしておくこと」が重要なポイント。

アドレスは言わずもがなですが、もう1つ重要なのはティーアップの高さです。

高さは人それぞれですし、ウッドティーだろうがプラスチックティーだろうが構いません。

ただ1つ、ティーアップの高さだけはいつも同じにしておいてください。

最近はティーの高さや形もいろいろ。ティーの途中に出っ張りがあるものもあります。

これだといつも同じ高さにティアップできるので便利。愛用者も少なくありません。

もちろん、ウッドティーでも全然Okです。

ティーにペンで印をしておけば、いつも同じ高さでティーアップできます。

今いちティーアップの高さが一定しないという人は、ぜひ試してみてください。