飛ばせる腕のポジションはここ!

骨盤を支点して前傾姿勢を両ヒジを胸に乗せると、腕がダランと下に垂れます。

ヒジから上の上腕部は上体と一体化しているので、ヒジから先の前腕部から上でが抜けて下がります。

ここが、腕のベストポジションです。

重たいものを持つときは、腕を真下に伸ばして掴むと思います。

腕を前に出したり、体の近くで持ち上げたりはしませんよね。

要はそれと同じ形がアドレスしたときの腕の形になるわけです。

そのポジションでは力が入らないことを無意識に理解しているからです。

ゴルフのスイングも同じ。腕が真下でなく前に出ても、体から近すぎてもパワーを十分に発揮することができません。

動かす前から力が入ってしまっているからです。

また、腕を真下に垂らしたときに体と腕の感覚が窮屈に感じるのであれば、骨盤が前傾していない証拠です。

体と腕の位置関係は、正しくアドレスできているかの指針にもなるので、1ショットごとにしっかりチェックして下さいね。