スイングのキモ「トップ・オブ・スイング」

正しいトップスイング
Right Caption

トップは「第2のアドレス」といわれるほどの重要ポイントです!

「第2のアドレス」と呼ばれるトップは、スイングのキモといえる重要なポイント。

チェックすべきポイントはたくさんありますが、その中で1番大切なのが「クラブが飛球線と平行になっているか」です。

シャフトが地面、飛球線と平行になり、クラブ全体がターゲット方向に向くポジションを「スクエア・ポジション」といい、ここにクラブが収まるのが、もっともシンプルでクセのないトップになります。

トップでよく見られる失敗が、ターゲットよりクラブが右を指す、いわゆるクロスの状態になっているというもの。

シャフトがクロスになったとき正面からフェースを見ると、下を向いていて、左手が甲側に折れ曲がり、完全なオーバー・スイングになっている状態です。

そのままダウンスイングに入ると、インサイドのスイング軌道になり、そのままボールを右に押し出すスイングになってしまいます。

トップで左手が甲側に折れ曲がり、クラブがターゲットに対してクロスになるほど、無理して大きくクラブを上げる必要はありません。

左肩が入ったトップをつくれれば、手の位置が低くても十分に飛距離を出すことができます。