ヘッドスピードを上げる腕の使い方

ドライバーの飛距離アップは腕の使い方がカギ
Right Caption

ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、腕もしっかり使いましょう。
腕を最短で動かし、ヘッドスピードを上げれば、ドライバーの飛距離がアップします!

ドライバーの飛距離を1ヤードでも伸ばしたい!

そう考えたとき、できることは大きく2つになります。

1.スイングアークを大きくする
2.ヘッドスピードを上げる

この2つのうち、おすすめなのはヘッドスピードを上げることです。

ただ、間違った方法でヘッドスピードを上げようとすると、余計な力が入ってスイングを崩してしまいます。

じゃあ、どうすればいいの?ということですが、答えは腕を最短距離で動かすことです。

フィギュアスケートの回転では最初は両腕を左右に広げてゆっくり回転します。

そして、回転にある程度のスピードがのってくると、両腕を体の前で交差して回転スピードを一気に上げていきますよね。

Left Caption

「慣性モーメントを小さくすることで、回転スピードを上げている」ということだね!

ゴルフのスイングもこれと同じことです。

たとえば、腕をピンと張るのと、腕をたたんで体の近くで振るのとでは、たたんだほうが少ない腕の動きで、ヘッドを大きく動かすことができます。

ただ、たんに腕をたたむだけだとスイングのリズムが悪くなって、手先だけのスイングになってしまうので注意してください。

イメージとしては、スイング中は腕全体ではなく、二の腕をつねに胸の近くでキープするようなイメージです。

スイング中は遠心力で腕の先端が外に引っ張られるので、二の腕を胸に軽く引きつけるようなイメージになります。

この腕の使い方ができれば、腕の動きを最小限にしてヘッドを大きく動かせます。

結果、ヘッドスピードを上げてドライバーの飛距離をアップさせることができるというわけです。

右腕のパワーを使い切ろう!

右腕を使おう

Right Caption

トップで折りたたまれた右腕をインパクトにかけて伸ばすことで、右腕のパワーをボールに伝えましょう。

ゴルフのスイングでは、なぜか左腕が重要視され、右腕はあまり注目されません。

あなたも「ゴルフスイングは左腕リード!」と聞いたことありませんか?

でも、ゴルファーの大多数は右利きのはず。

右利きであれば、絶対に右腕のほうが器用だし、筋力だってあるはずです。

なので、この右腕をできるだけ積極的に使うほうが、ドライバーの飛距離は絶対に伸びます。

少し前までは、トップでできたコックの形をキープして、左腕をボールに直線的に下ろす、いわゆる「レートヒット」が主流でした。

ダウンスイングでコックをほどかず、インパクトで一気にパワーを開放する腕の使い方を右腕でしてしまうと、ヘッドが返りすぎたからです。

だから、左腕リードで、右腕に余計な仕事をさせないようにしてたわけです。

ただ、今はゴルフクラブの性能が格段にアップしたおかげで、インパクトだけにパワーを集中しなくて飛距離が出るようになりました。

スイングの流れを良くすることが、最近のゴルフクラブで飛距離を出すためのコツです。

大型ヘッド化が進んだことも重なって、右腕を積極的に使ってもヘッドが返りすぎることも少なくなりました。

Left Caption

ヘッドが大きくなったことで慣性モーメントも大きくなったから、その分ヘッドが返りにくくなったんだね!

右腕のパワーをボールにしっかり伝えやすくなったというわけです。

右腕のパワーをボールに伝えるには、トップからインパクト、フォローにかけて、右腕をしっかり伸ばすことが大切です。

インパクトの段階で右腕が大きく曲がっているようでは、右腕のパワーをボールに伝えることはできません。

トップの位置では右腕はたたまれるので、切り返した瞬間には右腕の力を抜き、遠心力に任せて伸ばし始める必要があります。

そうすることで右腕がしっかりと伸び、ヘッドスピードが加速してドライバーの飛距離を最大まで高めることができます。

これまで左腕リードのスイングをしている人には違和感があるかもしれませんが、ドライバーの飛距離を伸ばしたいなら、しっかりと右腕の使い方をマスターしてください。