体重移動の「しすぎ」に注意!

ビハインド・ザ・ボールでインパクト
Right Caption

ドライバーで飛ばしたいなら、ビハインド・ザ・ボールのインパクトは絶対条件!
体重移動のしすぎに注意しましょう。

体重が乗った重たいボールは飛びます。

クラブを軽く振っているように見えて飛距離が出る人は、上手くボールに体重を乗せて重たいボールを打っているからです。

この「体重が乗った重たいボール」ですが、表現が曖昧すぎてピンとこない人もいると思います。

そして、よく見かけるのが、体重を乗せようとしすぎて、トップから切り返しの段階で左サイドへ一気に体重移動してしまう人です。

トップから急激に体重を左サイドに流してしまうと、重心が前に突っ込んで腕を思いっ切り振れなくなります。

スイング軌道も極端なダウンブローになったり、アウトサイドインになってしまい、力のないボールになってしまいます。。

「体重の乗った重たいボール」を打つには、下半身の安定が絶対条件です。

ボールを打とうとすると、ターゲット方向への遠心力に体が引っ張られるので、その力に背筋を使って抵抗するようなイメージです。

ビハインド・ザ・ボールという言葉が示すように、クラブヘッドがボールを捉えるまでは、頭はボールの後ろにないといけません。

あなた視点で見れば、腕を伸ばしながらボールをターゲット方向に押し込んでいくイメージになります。

Left Caption

フォローで右腕を伸ばそうとしたとき、頭が前に流れていると腕が伸びていかないし、方向性も出せなくなるよ!
右腕のパワーを使い切るためにも、ビハインド・ザ・ボールを強く意識していきましょう★

急激に体重移動をしてしまうと、頭がボールの前にでて、ボールを押し込むのではなく、引くようなイメージになってしまいます。

インパクトまでは頭をボールの後ろに残し、ターゲット方向に腕や体が引っ張られるのを背筋で防ぎましょう。

これができると、スイングのパワーがロスなくボールに伝わり、ドライバーの飛距離を伸ばすことができます。